富山市船橋/高志の国文学館

金沢の繁華街も少しづつ活気が戻ってきてますね。

観光客もかなり増えてきて。

週末の片町・香林坊のおでん屋さんの行列があるいみバロメータになってますね。笑

今回ご紹介するのは、富山市内にある「高志の国文学館」。

富山県はゆかりの作家や作品を紹介する施設。

文学作品だけでなく、映画、アニメ、漫画と幅広く企画展が催されているようです。

藤子不二雄両氏はわかりますが、細田守まで範疇とはちょっと笑ってしまいましたが。。

地元愛ですね。

施設は比較的新しく、平成24年7月に開館。

メインの駐車場をうっかりスルーしてしまって、裏の駐車所に駐めてしまったせいで、近くの入り口から入ったら、通用口でした笑

でも警備員さんにやさしく促されて、裏口から入館。

本当の受付までの通路が落ち着いたいい感じの雰囲気。

あとから思ったのですが、ここから入ったから、この通路通れたのかも。

神様の思し召しだな。

今回の企画展は「太宰治 創作の舞台裏 展」

原稿、草稿、写真や太宰が描いた絵まで。

しかも意外とうまい。

大きな施設ではなかったけど、落ち着いた雰囲気の文学館らしい建物でした。

個人的な意見ですが。

いい美術館・博物館には必ずゆったりと、静かに眺められる庭や風景があるのです。

そういう造りは美術館・博物館にとって大事だと思うのですが。。

ガチャガチャした施設はあんまり好みじゃないなぁ。

高志の国文学館

●富山市舟橋南町2-22 

●TEL 076-431-5492

●開館時間(展示部門)/午前9時30分から午後6時まで(観覧受付は午後5時30分まで)

●休館日/火曜日(祝日を除く)、祝日の翌日、年末年始

https://www.koshibun.jp/guide

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。